事業資金をすぐ借りる!

運転資金のピンチは素早い融資で乗り切れ!

自営業者や個人事業主の方が思わぬ出費で運転資金がなくなってお金に困る場合ってけっこうありますよね。当サイトはそんな小規模事業者の方がすぐ事業資金を借りれる実績抜群の審査の甘いノンバンクをご紹介しています。

 

事業資金には@起業資金A設備資金B運転資金の3種類がありますが、融資を受ける場合、@起業資金は事業の実績がない時点で必要なため調達先が限られますし、A設備資金は金額が大きいため融資を受ける際に担保が必要となります。そして、経営状態に関わらずB運転資金を補充するためにつなぎ資金が急に必要になることはよくあることですよね。

事業資金の借入は目的を持って行うことが大事

あなたが事業資金の借入を行う目的は何ですか?
金融機関は、目的を持っていない会社に対してお金を貸しません。

 

ですので、借入する側はそのお金をどのような目的で使用するのかを明確にして事業資金を集めなくてはいけません。 金融機関は融資したお金に対して利息をもらうという重要な目的がありますので、金融機関に利息が払えないと判断されると、事業資金の借入を行うことはとても難しくなるのです。

 

事業資金の借入は、お金を調達することが目的ではありません。金融機関側は、どれだけ計画的に返済していけるかどうかを見ているのです。

 

ですから、借入する側としては、それに答えるだけの目的を持って、ちゃんと計画的に返済できるように努めていく必要があります。

運転資金借入の目的をしっかり説明する

では運転資金を借りる目的は何でしょう?

 

もちろん、「つなぎ資金」が必要だからですよね。

 

ですから

 

●その運転資金はいくら必要なのか
●どのくらいの期間で返済できるのか

 

ということを明確にして借入れの申込をすることが大事です。また、数字に関しては密に計算して具体的な見込み数値を出して把握する必要があります。

 

上記でも触れたように、事業資金を借入する側は計画的に返済できるように努めなくてはいけません。日々の仕事の中でもそれを徹底し「しっかりと返済する」ということを頭に入れて、会社の利益等を把握することが大切です。

ノンバンクでの借入は大丈夫?

金融機関の中でも、どうしてもノンバンクは敬遠してしまう方も多いようです。しかし実際は安全なノンバンクが多いので、敬遠してしまうのは非常にもったいないです。ノンバンクをきちんと理解して上手に使うことが重要なのです。例えば、日本保証などのノンバンクはメガバンクの保証業務も行っているので、このようなしっかりした業者であれば安全な借入が期待できるでしょう。

 

当サイトではつなぎ資金の調達先として頼りになる即日融資可能なノンバンクと融資事例も紹介しますので、銀行や大手ノンバンクで融資を断られてしまった方もあきらめずに見てみて下さいね。

 

■おすすめノンバンク■

 

ユニービジネスローン

 

【最大融資額1,000万円のユニービジネスローン】
愛知県をを拠点とし、有人・無人店舗を東海エリアを中心に展開しています。
地域密着型の消費者金融のため、お客様の親身になって対応されてると評価も高く、東海エリア、愛知県、三重県、岐阜県の方には特におすすめです。全国を対象にしていますのでそれ以外の地域の方ももちろん大丈夫です。

 

★ユニービジネスローンのおすすめポイント
 ・限度額300万円連帯保証人原則不要
 ・ユニースーパービジネスローンは、限度額1000万円・返済期限最長5年の大口プラン
 ・お忙しい経営者・事業主の方もインターネットで仮申し込みが可能
 ・全国対象(※沖縄を除く)

いま大注目のファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権を譲渡することによって資金調達する方法です。

 

商品やサービスが納品されたり、また工事が完了したからといって、発注企業からすぐに代金が支払われるわけではありません。

 

請求書を出して実際に入金されるまでには30日や90日など一定の時間がかかるのが一般的ですが、その期間、受注企業は発注企業に対して売掛債権がある状態となります。
ファクタリング業者は、利息などを引いた金額で売掛債権を買い取って、発注企業から代金を回収し、その差額を収益とするビジネスモデルです。

 

ファクタリングのメリット

 

ファクタリングのメリットとしては主に以下の点が挙げられます。

 

■ファクタリングのメリット

・資金調達は譲渡債権の範囲内なので無理がない
・売掛債権の回収にかかる手間やコストを削減できる
・手形受領だと必要な収入印紙代が節約できる
・不渡リスク(貸倒リスク)をファクタリング業者に転嫁できる

 

ファクタリングを利用するのに最も適した状況は、得意先からの支払いサイトが長いケースです。

 

仕事を発注してくれる得意先は大切な存在ではあるのですが、支払いサイトが90日や120日など長い場合、受注企業としては仕事があるのに資金繰りが厳しくなり、ヘタをすれば黒字倒産にもなりかねません。

 

手形割引との違いは、不渡リスクをファクタリング業者に転嫁できる点です。ただ、ファクタリングを利用するには、債務者である発注企業にも同意してもらう必要があるので、信頼関係が確立できていないと利用しづらいという問題があります。

 

ファクタリングのデメリット

 

ファクタリングのメリットや利用シーンなどについてはご理解いただけたかと思います。
今すぐ資金を手に入れるためには便利なファクタリングですが、メリットばかりではありません。

 

■ファクタリングのデメリット

・3社間のファクタリングは手数料や時間がかかる
・2社間ファクタリングは手数料が高くなる
・高額のやりとりの場合は債権譲渡登記が必要となる
・ファクタリングがバレると取引先からの信用を失う

 

上記のような多少のデメリットもありますが、運転資金を今すぐに調達したい場合、2社間であまり高い金額でないなら迷わずファクタリングを利用すべきです。

 

■おすすめファクタリング■

 

リソースプロ

 

一福

管理人からのご案内

※当サイトはアフィリエイトの広告で成り立っており、直接お金を貸す等の行為は一切行っておりません。 ※金銭内容等トラブルは直接金融会社までお問い合わせ下さい。